FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ずっとほったらかしてた王道

 筆を動かしながら、外の喧騒に耳を傾ける。
 静かなはずの美術室にまで、黄色い声が聞こえる。
 それも窓を閉めているはずなのに。あっちとこっちから。
 校舎を挟んだ裏側の、ちょっと開けた裏庭と、反対側に建っている南校舎から聞こえる黄色い声。
 発生原因はわかっている。

 僕の双子の兄たちだ。


 僕の兄たちはすごく有名人だ。
 一人は生徒会長、一人はこの男子校を束ねる不良。
 まあ、それだけじゃそんなに有名にはならないよね。
 二人は、この高校に入学した途端、その秀でた容姿のせいで呼び出しをくらい、逆に学校が荒れる原因だった不良をコテンパンに伸しちゃったんだ。それだけじゃ飽き足らず、一方は荒れ放題だった学校に生徒会を復活させ、一方は不良の頂点に収まることで荒れた生徒をまとめ、この1年で県下一の不良高校を、たった二人で並みのレベルにまで引き上げたんだ。
 理由はすごく単純。
 自分たちの家から一番近い高校だから、きっとこの学校を選ぶ僕が入学した時に学校内が荒れてないように。
 そう、僕のため。
 二人とも、すごく整った容姿(瓜二つ)に、学力も半端ない、性格は至ってクール、で、学校内の生徒たちから一目置かれてるんだけど、残念なことに、極度のブラコン。
 それはもう、当の僕がウザいと思うぐらい。
 僕だって兄たちは大好きなんだけど、もう次元が違う。
 僕に友達ができると、必ず見に行って、相手を確かめるなんてのはいつものこと。
 それで怯むようだったら、友達とすら認めない。
 そんな綺麗な顔が二つ並んで冷たい眼差しで睨まれたら、大抵の人間はビビるってことを、兄たちはあんまり考えてないよね。
 そこで怯むことなく僕と友達になる人は、大抵兄たち目当て。
 純粋に、兄たち関係なく僕と友達になってくれる人って、いないのかな…。


 そして僕は、兄たちがきちんと秩序を整えてくれた学校に通っている。
 黒髪にちょっと太めのフレームのファッション眼鏡をかけ、身長体重並学力並、容姿も並、趣味は絵と読書、特徴という特徴が、あの兄たちを抜かすと本当に何もない、という僕。名前は宇佐美凛乃介(りんのすけ)。
 兄たちはそろってミルクティー色の髪(地毛)に、身長180越え(詳しい数値を僕は知らない)体重60kgプラスアルファ(やっぱり詳しい数値を僕は知らない)、均整のとれた身体に、容姿頭脳極上、瞳はエメラルドグリーン、北欧の血を引いてます的な全体像は、ほんと目立つ。生徒会長をしてるほうの長男は亮介りょうすけで、不良を束ねてる次男が勇介ゆうすけ。
 ここまで僕と全く違うのに、きちんと血は繋がってる。といっても片親だけど。

 僕と兄たちとは、父さんが同じ。
 僕の実の母さんは、二人の兄たちを連れてきた父さんを、丸ごと愛して可愛がってくれたらしい。
 らしいというのは、僕は母さんのことをあんまり覚えてないから。
 兄たちの実の母親は、兄たちが生まれて3か月で、子供と夫を捨てて祖国のロシアに愛人と共に帰ったらしい。残された父さんと兄たちを優しく包み込んでくれたのが、僕の母さん。そのまま二人は結婚して、出来たのが僕。
 だから、兄たちとは2年ぐらい違う。でも兄たちは4月生まれで、僕は3月生まれなので、学年はひとつしか違わない。
 でもその後、母さんは僕が5歳の時に風邪を拗らせて他界した。
 母さんはいまわの際に兄たちに「凛を頼むわね」と言って息を引き取ったせいか、兄たちはすこぶる付きのブラコンになった。そりゃもううんざりするぐらい。


 小学校時代、あの双子の弟、というだけで有名だった僕。
 必ず冒頭に「えーうそー」「似てなーい」がついた。
 そんなのは自分でも自覚してるし。
 こんなことで捻くれて大好きな兄たちを煩わせるのも嫌だけど、それにしても煩くて、僕は一度切れちゃったことがある。それからは兄たちは僕を弟、とは紹介しないで、「大切な人」と言い始めた。
 さらに騒ぎが大きくなるとは、考えもしなかったらしい。
 二人とも自分の容姿には頓着しないんだよね。
 もちろん、校内で有名なほど有名になった兄たちは、僕が入学した途端、「俺たちの大切な人」と僕をみんなに紹介しちゃったもんだから、密かにゆったりと高校生活を送るはずだった僕は、初日にしてやっぱり兄たち並の有名人。
 帰りに買い物を頼もうものなら、周りから校内の2大勢力の頭を顎で使う女王様、なんて言われたり、一緒に帰ろうものなら、2大勢力の頭を侍らす女王様、なんて言われたり…。
 なんなんだよ、女王様って。
 弟なんだから買い物ぐらい頼むよ、普通に。
 すごく性格が悪いんだと思われてるじゃん、僕。


 そんなこんなで、僕は心から気を許せる友人がいない。


 そして、冒頭に戻る。
 美術室に聞こえてくる喧噪の原因は、美術部に所属し、今現在美術室で部活動を謳歌している僕に向かってきている。
 いつものことだ。
 毎日、兄たちは放課後僕の元に来る。
 僕が毎日食事を作ってるんだけど、その材料は兄たちが買い物をするからだ。
 兄たちの容姿のせいで、どこぞの富豪の息子、だの誰か有名人の隠し子、だのとものすごい噂が飛び交ってるけど、うちは至って普通のサラリーマン家族。
 父さんは高校生三人を育てるため、日々奮闘。
 でも貰ってくるのは一般家庭と変わりないお給金。
 ゆえに、食べ盛りの高校生3人の息子を育てる苦労は並みじゃない。
 全員で色々と分担しないと、とてもとてもやっていけない。
 父さんが朝から晩まで働いて、兄さんたちが料理と掃除以外の家事、たとえば洗濯とか、買い物とか。そして、僕が掃除と料理担当。
 それぞれの能力値の結果、そうなったというだけの話だ。


 喧噪が近付き、美術部内も浮き足立つ。
 二人を間近に見たくて美術部に入り直した生徒もいたらしい。
 何せ毎日僕に会いに兄たちが足を延ばすから。
 中には、IH確実だって言われてた陸上部の生徒も美術部に入り直すのなんだので揉めたらしい。一度先生に「宇佐美、こんな騒がしい美術部じゃ、集中できないだろう…?」と暗に退部を求められたこともある。
 気付かないふりで「大丈夫です」ときっぱり言ったら、先生はもう何も言えなかったようだけど。


 ガラッと美術室のドアが開いた。
 途端に美術室内に黄色い声が飛ぶ。
「凛! はかどってるか?」
「凛! まだ終わらないのか?」
 同じ顔が二つ並ぶ。
 見分けるのは、家族以外はほぼ不可能、というほど同じ。
 故意に髪の長さも同じにしてるから、先生もたまに戸惑ってる。
「亮ちゃん、勇ちゃん、ここに毎日顔ださなくたっていいっていつも言ってるじゃん。二人だって色々忙しいんだろ? 僕は一人で大丈夫だから、ちゃんと生徒会とかの仕事しなよ」


.+:。(´ω`*)゚.+:。.+:。(´ω`*)゚.+:。.+:。(´ω`*)゚.+:。

とここまで書いて、これ、何番煎じ? となり、手が止まりました。
近親相姦物じゃありません。
弟くんに好きな子が出来て、その子と二人手を取り合って兄たちと戦うものです。
というか、兄に認めさせようと奮闘する物です。
でもそんな話。どこにでも転がってるΣ(゚ロ゚;)となって、お蔵入りとなりました。
そして時間も空いてしまって、どういう感じにしようかもうすっかり頭から抜け落ちてしまい、続きを書こうにも書けないものです。
ちょっとだけ晒してみました。


そして!

とうとうはじまりましたね!
アルファポリスBL大賞

頑張ってこっそりと書いてます!
ぽちっとしてくださる方、投票してくださった方、本当にありがとうございます!
今のところなんとか毎日更新を続けていられますが、これからどうなるか……(-_-;)
一応『後輩監視日記』も参加だけはしてるんですが、そっちは今のところ更新する予定もないので、本当に放り投げてあるだけです。
しかも今回メインに出してる話は、本当に面白いのこれ?!と疑問視されるようなブラックな会社での話なので、読んでてもしかしたらイライラしてしまうかもしれませんし(^_^;)そう言う風に感じてしまったら、本当にすいません。でも完結までしっかりと持って行きます。いつになるとは明言できませんけど。

そして、拍手お礼もここでさせてくださいませ。


氷魚彰人さま

新連載を読んでくださってありがとうございます!!
後輩監視日記も読んでくださって、本当に嬉しいです!
私も氷魚さまの作品、拝見させていただいてます!
支部の方でもマイピクありがとうございました!


匿名の方で、返信不要と書かれていたメッセージをくださった方もいましたが、嬉しかったので返信をば。
七海の番外編読んでくださってありがとうございました!
新しい話も、読んでもらえて嬉しいです!本当にありがとうございます!
すごく励みになります。

「そこ」と一言だけくださった方もいて、もしや、あの萌えポイントのイラストにくださったメッセージか?! と一人ニヤッとしてましたw
暖かいメッセージ、本当にありがとうございました!

スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

ふふふ……ホラーを書こうとしても、どうしても違う方面に行ってしまいそうです……

「ふあ~~あ……」
 カタカタというキーボードをたたく音と、ペンで何かを書きこむ音と、紙の捲られる音以外聞こえなかった教室内で、気の抜けるような溜め息ともあくびともつかない声が響いた。
 それにつられるかのように、一斉に事務的な音が止む。

 場所は私立白桜学園生徒会室。
 外はすでに闇に沈んでいる。
 先程の異音ともとれる息を吐いたのは、生徒会副会長の駿河俊樹だ。
 投げ出したボールペンが机の下に落ちるのも気にせず、駿河は伸びを敢行した。注目されていてもまったく意に介さず、肩を回し始めた。

「……ったくよー、いくら忙しいからってよ、こんな時間までこんなことしてんのって最悪だー」

 壁に掛けられた時計は、既に午後10時を指し示している。
 彼らは、残り1か月を切った学園文化祭の資料や事務処理をまとめていた。

「まだ時間あんじゃん。こんなに魂詰めなくたっていいんじゃね?」

 首をぽきぽき鳴らしながら、駿河が口を尖らす。
 それに、窓際の一番大きな机に座ってパソコンを睨みつけていた眼鏡の男が溜め息を吐きつつ嘲笑した。
 生徒会長の松井宗太だ。
 黒いストレートの髪を適度な長さに整え、シルバーフレームのメガネをかけた松井は、どこから誰が見ても、優等生という言葉がぴったりである。
 松井は眼鏡を指で直しながら、椅子の背もたれにふんぞり返ってフンと鼻で嗤った。

「今手を抜いてみろ、絶対に間に合わなくて後で泣きを見るぞ。そうでなくても、業者に発注する締めが、来週頭だ。忘れてないだろうな、駿河」

「ヘ?! う、わ、忘れてねーよ!」

 焦ってそう言いかえす駿河に、周りが笑いを零す。

「絶対忘れてたでしょ、今の答え」

 駿河のとなりの席に座っていた髪の毛の色素の薄い可愛らしい顔の男が、忍び笑いを零しながらそう突っ込む。
 生徒会書記の大熊武た。ゴツイ名前の割には、小柄で可愛らしい顔立ちをしていて、完璧に名前と見た目が釣り合っていないが、本人は自分の名前を気に入っている。

「でもさあ会長。これ、特に運動部の予算組み、冷たく「馬鹿か」って見下ろしたくなるくらい適当なんだけど」

「それ見下ろすじゃなくて見下す、だろ?」

 駿河がそう大熊に突っ込み返していると、いきなりドアがガラッと開いた。

「ただいま。弁当買ってきた。堺先生のおごりだって言ってたぞ」

 ドアから、ガタイの大きな、落ち着いた雰囲気の生徒が、両手に弁当の袋を下げて、生徒会室に入ってきた。
 生徒会会計の野村健介だ。柔道剣道を小さいころから嗜んでおり、よく弱小剣道部の助っ人に駆け付けている。温和な性格で、生徒会の安定剤を本人が知らぬままに買って出ている。

「うほう! 待ってた俺の弁当! 唐揚げ弁当ある?! 唐揚げ食いてえ!」
 
 早速駿河がごそごそと野村の持っていた弁当の袋を漁り始める。
 それを何も言わずに見ていた野村だが、両手が空いた瞬間、二の腕を摩った。

「なんかさっきから急に気温落ちたみたいだな。肌寒い」




.+:。(´ω`*)゚.+:。.+:。(´ω`*)゚.+:。.+:。(´ω`*)゚.+:。

と、ここまで書いて手が止まりました。
ホラー、学園ホラーを書く筈だったんですが。
一人一人、追い詰められていく様を書く筈だったんですが……。
どうしても夜の生徒会、しかも男だらけ、となったら、もうホラーになりません。そのこと自体が既にホラー。
めくるめく「ほら……」の世界が広がり、手が止まってしまいました。

お久しぶりです。
最近さらに忙しい朝陽です。
全然皆さんとお話しできなくて少しやさぐれてる朝陽です。
どれくらいやさぐれているかというと、続きを書く気もない小説を暴露するくらいやさぐれています。
続きありません。焦らしプレイですらありません。すいません(∩´∀`)上げた後に反省。でもなかなか続きを書く時間がありません。
勢い込んでただいま手を付け始めた新たなる話が3作。ダメです。不器用な私は,3作同時進行というものは出来そうもありません。なので、一番短いと思われる小説を必死こいて書いてます。1日2000文字くらい。(すくな!)

という近況報告でした。
書き上げ次第、投稿します。題名だけでも暴露しようかと思ったんですが、止めときます(保険)
一人でも待っていてくださる人がいるので、頑張って書きます!
でも絵も描きたいです。時間をください(切実)
でも今が一番毎日充実している気がします。
皆さんは毎日を楽しいんでいますか?
 私は、すごく生きている、と実感しています。

そして、いつも閲覧、評価、拍手、コメント、感想、色々とありがとうございます!
すごく毎日の糧になっています!最近露出少ないですが、ちょっとずつ頑張ってます(当社比)
検索フォーム
RSSリンクの表示
ちらっとどうぞ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。