FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【突発的SS】美人に骨抜き

「……昨日、ひと目惚れした」
 隣りの机で書類を片付けている同僚が、ぼそっと呟いた。
 いつもはもっと張りのある明るい声を出す同僚が、呟くように告げたひとこと。
「は? お前、前にナンパされたやつとまだ続いてんだろ?」
 同僚はすっげー精悍な顔をしてるせいか、男女関わらずモテる。
 ほとんど相手が切れたことがないくらいだ。
 
 ちょっと背が高いくらいで、これと言って特徴のない眼鏡の俺には想像もつかない世界に生きていると思う。

 その同僚が、ひと目惚れ。
 激しく似合わない。

「見惚れるくらいすっげー美人だった。どこで働いてるんだろう。探してみるか。名前、なんてーのかな。きっと可憐な名前なんだぜ」
 遠くを見ながらひとりブツブツ何かを呟いてる同僚は、はっきり言って精悍な顔が大なしだった。
 崩れてるぜ、その万人を魅了する顔が。
 俺は魅了なんかされないけどな。

 だって俺には恋人がいるし。
 すっげー美人で床上手で優しくて年上の美人が。
 欠点は料理を作らせると、人を秒殺できるほどとんでもなく不味いモノが出来上がるってことくらいだけど、それも可愛いよな。
 すごい照れた顔で口を尖らしながら
「俺に料理作らせるお前が悪いんだろ」
 なんて言っちゃって、ホント俺の恋人マジ天使。
 
 恋人のことを思い浮かべてにやけていると、同僚が「なあ」と俺の方を向いて声を掛けてきた。

「声を掛けるって、どう声を掛ければいいんだ? お前、恋人と 付き合ったきっかけって、お前がナンパしたからだろ?」
「ハァ?!」
 
 真顔で訊いてくる同僚の言葉に、思わず目を剥いてしまう。
 
 俺の驚いた顔を不快に思ったのか、同僚は眉をしかめて少しだけ視線を下に向けた。

「俺、声を掛けられることはたくさんあったけど、自分から声掛けたこと、一回もねえんだよ」

 ……。
 残念なイケメンがいる。
 ここに、残念なイケメンが。

「お前が言われてきたみたいに、言えばいいんじゃねえの?」

「でも俺、あれ言われるたびに「そんなありきたりなこと聞き飽きたぜ」って思ってたんだぜ? あれだけ美人なんだし、そういうの言われ慣れてるだろうし、そしたらきっと同じこと思うと思うんだよ」

 いや、そんな鬼畜なこと思う人、あんまいねーから。
 一般人の俺が言うんだ間違いない。
 別次元イケメンはもう、ほっとこう。

「あっそ。じゃあ奇抜なことでも言って目を向けさせてみたらいいんじゃねえの。じゃ、俺、帰るから。あいつが待ってる」

 難しい顔をしてる同僚に手を上げ、俺はにやけ顔のまま会社を後にした。



 会社から一駅先の駅前の花屋。
 その二階に、恋人が働いてるフラワーアレジメントの教室がある。
 通ってくるのは大抵仕事のために資格を取りたい人だということで、夕方から夜にかけてがメインでやっている教室だ。
 俺はそこに通っていて、教室が終わったら一緒に帰って、一緒に飯を食って、一緒に風呂に入って、一緒のベッドで寝ている。
 ああ、幸せな毎日だ。


「はい、じゃあ、今日はここまでにします。道具の手入れを忘れずに。来週は全体のバランスの見方を少しずつ勉強しましょうね」

 そう締めくくり、恋人はチラ、と俺の方を見てから、にっこり笑った。
 皆がほう、と息を吐くほどの美人。
 俺にはもったいないと思うけど、それを言ったら怒られた。

「俺が、お前を選んだのに、もったいないとか言うなよ。手放してやらねえぞ」

 そう言ってさらに俺を求めた姿は、壮絶に色めいていて美しくて艶やかだった。

 外で待つことしばし。
 笑顔で恋人が出てきた。
 教室は基本週一。
 その週に一回だけの一緒の帰りを、俺たちはデートみたいに楽しんでる。

「お待たせ。寒くなかったか?」

「全然。これからお前と一緒に帰れると思うと、寒さも吹き飛ぶ」

「もう、ずっとそれ言ってる。飽きないな」

「全然飽きません。もう一生離しません」

 俺の言葉に、恋人は嬉しそうに笑い声を上げた。

「俺も、お互い爺さんになるまで一緒にいる。縁側で猫飼って膝に乗せて日向ぼっこする」

 そんな壮大な夢を語られ、思わず路上にも拘らず抱き締める。
 恋人のぬくもりがもの凄く心地いい。
 くっついたまま二人で駅へ足を向ける。



「お前……」

 不意に声を掛けられ、恋人から視線を動かすと。
 
 そこに、同僚が呆然とした顔で立っていた。
 俺と恋人を指差している。

「お前……なんで天使と……腰持って……」

 ああ、同僚がひと目惚れしたのって、俺の恋人だったのか。
 だって美人だもんな。と納得する。

「こいつ、俺の恋人。っつうか伴侶。将来の約束どころか老後まで約束してる」

 引き寄せてそう宣言すると、恋人が嬉しそうに俺の身体に腕を回してきた。

「もう、大好きだ」
「俺も。ってことで、諦めてくれ」
 
 同僚に笑顔を向けると、すごい顔で咬みつく勢いで同僚が食ってかかってきた。

「はいわかりましたなんて諦められるか! 俺の天使に手を出すんじゃねえ!」
「天使って、違うから。俺の恋人だから」
「うるせえ! 平凡ななりしてふざけたこと言ってんじゃねえ!」

 と同僚が手を構えた瞬間、恋人が俺から離れて同僚に近付いた。

「わ、馬鹿やめ……!」

 近付く恋人を制止すべく手を伸ばすも、間に合わず。

 恋人は同僚に抱き付いた。
 
 ……と思った瞬間、同僚はひっくり返って地面に背中をつけていた。
 一瞬過ぎて何が何だかわかってない同僚を覗き込む様に、恋人が見下ろす。
 すっげー冷たい顔で。ゾクゾクする。

「あのさ、俺、こいつの恋人だってさっきからこいつが言ってんだろ。誰だよ天使って。頭腐ってんじゃねえの? こいつのどこが平凡なんだよ。可愛いだろ。眼鏡して可愛いだろ。ひょろっとして眼鏡して照れたように笑って、可愛いだろ。もう最高に。二度とそのツラ俺に見せるんじゃねえよ、クソが」

 最後に同僚のすぐわきのアスファルトに、唾をペッと吐き出す。
 そして、いつもの笑顔に戻って俺のところに帰って来た。

「さ、帰ろ。俺たちの家に」
「ああ。さっきの、超かっこよかった。ゾクゾクした」
「ふふ、そう言ってくれるの、お前だけだよ。他のやつはビビッて固まっちまうんだよ」
「あんなにカッコよくて綺麗なのに。もったいないなあ」
「お前がそう思っててくれるだけでいい」

 そんな会話が聞こえたのかどうなのか、道路に残された同僚が立ち上がれたのは一時間くらい後だったとかなんだとか。

 幸せな俺たちには関係のないことだけどな。


 終わり



.+:。(*´ェ`*)゚.+:。.+:。(*´ェ`*)゚.+:。.+:。(*´ェ`*)゚.+:。.+:。(*´ェ`*)゚.+:。


突発で書いたSSでした。
お粗末様でした。
スポンサーサイト
[PR]

アルファポリスさんのBL大賞が発表されましたね。

BL大賞がようやく発表になりましたね。
私は残念ながら、最終選考には残してもらえたものの、賞までは至りませんでした。
応援してくださったみなさま、本当にありがとうございました!
来年こそはもっと余裕を持って「終わらない~!」「もうきっと無理~!」とならないように書き上げておきたいと思います。
(が、きっと同じことを繰り返す気がしてなりません……orz)

でもきっと、書きためておくと、即出したくなる性格なので、やっぱりギリギリに新作を上げ始めて、泣きそうになりながら書き上げるんだと思います。

そして、しばらくは絵の方に本腰を入れるので、小説はお休みさせてもらいます。

そして絵を書き上げたら、また新しい話を書こうと思ってます。構想の一つも練ってませんが(^_^;)


.+:。(´ω`*)゚.+:。゚.+:。(〃ω〃)゚.+:。 .+:。(*´ェ`*)゚.+:。.+:。(*´ェ`*)゚.+:。


朝陽のブログは絵なしじゃぱっとしないんじゃないか、ということで、ツイッターにだけ上げた落書き真面目絵を載せておきます。
あくまで落書きなんですが。

グルグル眉と顎髭と煙草を書いたら某海賊のコックみたい、と思ったのは内緒。



白黒


.+:。(*´ェ`*)゚.+:。.+:。(*´ェ`*)゚.+:。.+:。(*´ェ`*)゚.+:。.+:。(*´ェ`*)゚.+:。


ばれんたいん、ということで、ちょっとした小説を書かせてもらいました。
文字数わずか1万文字の短編、と言っても差し支えないくらいの小説です。

      ↓↓↓

ヘタレなガキ、お持ち帰りで

よければ読んでみてください。カテゴリは  (ヘタレ攻め×おっさん受)  です
苦手な方はご注意を!

って前のブログでも紹介してましたね(^_^;)

.+:。(*´ェ`*)゚.+:。.+:。(*´ェ`*)゚.+:。.+:。(*´ェ`*)゚.+:.+:。(*´ェ`*)゚.+:。

拍手お礼をさせてください!

雪うさぎ様

沢山のメッセージをいつもありがとうございます!
はい!可愛いCPが誕生しました!これから先のこの二人は、きっとベタ甘な生活になると思います。
いつも読んでくださってありがとうございます!


五郎八様

メッセージにも感想にも暖かい言葉を書いてくださってありがとうございます。
今回のおっさん受けは、真面目に五郎八様がいなかったら出来上がっていない作品でした。
けしかけてくださって、本当にありがとうございました!


ゆうゆ様

おっさんとわんこ気に入って貰えたようでなによりです。
いつも読んでくださりありがとうございます.+:。(*´ェ`*)゚.+:

匿名でメッセージをくださった方々、本当にありがとうございました!
すごく、励みになります。


ブログ拍手の方にも暖かいメッセージをいただきました。

そらまめ様

受拓海へのメッセージありがとうございました(*^3^)♥
オヤジ受けも気に入って貰えたようでなによりです。
読んでくださってありがとうございました!

雪うさぎ様

ブログ拍手のほうにまでメッセージありがとうございます!
受拓海の色が茶色系でしたからね。チョココーティング拓海もすごくいいですね!梅さんキャラは描いていて、本当に楽しいです。





今年はチャレンジの年にしたいと思ってます。
何でもチャレンジしてみます。
たとえば、BLカテゴリじゃない物を書いてみるとか、ファンタジー物に挑戦してみる、とか。
何でもいいので、チャレンジし続ける年にしたいです。


落書きした背後注意イラ【R-18】と拍手お礼

親愛なる梅さんのちょう可愛らしい連載物「おまわりさん、捕まえました。」のキャラ拓海くん落書きしました!

事の起こりはツイッターでの会話。

「タクミって受けでも主導権握ってそうだよね」

「そうだね」

(多少言葉尻は変わってます。うろ覚え、ともいう)


という会話により、私の脳内にこんな↓↓↓【R-18】タクミが居座りました。


ということで、いつものごとく落書きして、梅さんに送り付けました。
いつも笑顔で(想像)受け入れてくれる梅さん、ホント心が広いです。



タクミ


.+:。(*´ェ`*)゚.+:。.+:。(*´ェ`*)゚.+:。.+:。(*´ェ`*)゚.+:。.+:。(*´ェ`*)゚.+:。


そして、拍手お礼です(#^.^#)
連載終わったにもかかわらずメッセージ、ありがとうございます////
すごく嬉しくて何かが垂れそうです。


きつねさま

メッセージありがとうございます(#^.^#)
珍しい職業ということに反応いただけて嬉しいです。
でもすいません……!
それ以外の話はほぼ全部、MLじゃないんです……!
MLを書き始めたのは最近なのです;;
それでもよければ、ちらっと読んでみてくださると嬉しいです。


えいちゃんさま

壮真を可愛いと言ってくださってありがとうございます(#^.^#)
最後まで読んでくださってありがとうございました!


匿名でメッセージくださった方がたも、本当にありがとうございました(#^.^#)
誤字報告もありがとうございました(#^.^#)
すぐに直させてもらいました。


そして、今日新しい連載(と言いつつ3話完結)をアップしました。

「ヘタレなガキ、お持ち帰りで」

脳内で「おやじ受け」というまじないのような言葉がぐるぐる回った末、自給自足のために書き始めた小説です。
短編でもよかったのですが、1万文字こえたので、わけてみました。
14日完結(予定)です。
良ければ読んでみてください。

親愛なる梅さん!Happy Birthday!

今日は親愛なる蒼衣梅さんの誕生日です!
素晴らしい彼女に出逢えた奇跡に、感謝です!

梅さんおめでとうございます!

昨日聞いて必死こいて描いた、梅さんの「おまわりさん、捕まえました。」の子たちを借りた、バースデイ漫画のプレゼントです。(喜ばれるかどうかは別として)

ツイッターに載せてお祝いしたんですが、なんかツイッターだと縦長漫画が小さくて見づらいぞ? と思ってこっちに再度載せてみました!

梅さんがツイッター覗いてるうちに上げたかったので、文字うちが必死ですw

梅さんバースデイ

本当におめでとうございます!
心機一転、新しい歳になっても、沢山お話してください!
大好きです!

表紙描かせてもらいました!6 と拍手お礼。

ようやく連載していた物もひと段落ついたので、久しぶりに絵が描きたい、と梅さんにお願いしまして、表紙を描かせてもらいました!描かせてください!と言ういきなりの言葉に、快くオッケーしてくださった梅さん、本当にありがとうございます!

「おまわりさん、捕まえました。」

ムーン版「おまわりさん、捕まえました。」

エブリスタ版「おまわりさん、捕まえました。」

例によって、勝手にリンクです!
蒼衣梅さまXマイページ



お巡りさん表紙

とにかくおまわりさんがとんでもなく可愛い!
梅さんが、エブリスタのクリスマス全年齢用イベントで書かれていたSSの続編なんですが、そこでひと読み惚れしまして、続編続編とずっと唱えてました。その呪いはきっと口から零れて、梅さん本人にも届いていたことと思われます。
あまりにまこが可愛くて、「続編描きます!えろいです!」という梅さんのお言葉が、神のお告げのように聞こえたのはいい思い出です。



梅さんは実は去年のアルファポリス第一回BL大賞の大賞受賞者なんです!
私も追いつきたいな、と梅さんの背中を追いかけております。

今回の連載小説「ゆっくりと恋する……のか?」も、「それは仕事じゃねえんだよ!」も、梅さんが横ですごい勢いで執筆してくれてなかったら、出来上がってなかったと思います。
梅さんの姿を見て、頑張ろう!と思い、必死で書き上げて、間に合わせたものです。
引っ張ってくださって、本当にありがとうございました!


.+:。(*´ェ`*)゚.+:。.+:。(*´ェ`*)゚.+:。.+:。(*´ェ`*)゚.+:。.+:。(*´ェ`*)゚.+:。


そして、拍手お礼です!
連載終わったにもかかわらず、沢山のメッセージをありがとうございました!

早くも新しい話を書きたくなった、現金な朝陽ですw


ayaさま

メッセージありがとうございました!
もっと読みたいと思ってもらえて、嬉しかったです。
最後まで読んでくださってありがとうございました!


くっきーさま

この話でニヨニヨして貰えて何よりです!
次の話も、読んでもらえたら幸いです。(いつになるかは未定ですが)


きょんきょんさま

続編期待の言葉、とても嬉しいです!
何かぴんと来て、思い立ったら一気書きすると思いますので、その時はよろしくお願いします!


ゆうゆさま

応援ありがとうございました!
番外編も気に入って貰えて、よかったです(#^.^#)
沢山のメッセージありがとうございました!


雪うさぎさま

壮真はこれから先、さらに磨きのかかった煽りを早坂さん、もとい修哉さんに披露していくんですね。
読んでくださってありがとうございました!


水色彩夏さま

ムーンの感想のほうにまでメッセージをくださって、ありがとうございました!
拍手の方もしっかりと届いてます!
読んでくださって、本当にありがとうございました!


近藤翔さま

小説URLまで貼ってくださって、ありがとうございました!
実は、あのお話、既に読んでました(#^.^#)非公式ブクマで追ってました。近藤さまの話だと気付かなくて申し訳なかったです(-_-;)
エロくて素敵でした!(どんな感想)


はははさま

メッセージありがとうございました。
大場×洋平、私も書きたいなあと思ってはいました。
もしかしたらそのうちひっそりと上がってるかもしれません。
その時は読んでやってください。


さくらさま

メッセージありがとうございました!
気に入って貰えたようで、何よりです。
読んでくださってありがとうございました。


トモトモさま

番外編気に入って貰えたようでなによりです。
私も、ざっと書いて、読み返してから、「拓海と被るかも」とちょっと思ったのは内緒です。
二人に飲ませて語らせたら、恐ろしいことになりそうですね。
(大暴露大会。あらゆることまで赤裸々に……)


その他、匿名の方からもたくさんメッセージをいただき、ありがとうございました!

誤字報告すごく助かります!
即行直させてもらいました!
拓海と壮真と尚哉の酔っ払い対談が読みたいという面白恐ろしいメッセージまでいただきました。
きっとすごいことになると思います。
誰か突っ込み役が欲しいところなので、隣に太陽を置いて突っ込み及び悶絶係になって貰ったらいいかなと。
(書きませんけど!)

沢山の方に読んでもらって、本当に嬉しいです!
ありがとうございました!
検索フォーム
RSSリンクの表示
ちらっとどうぞ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。